曲詰について

最近Twitterをはじめましたが、大したことは呟かないと思うので、物好きな方だけフォローお願いしますw


さて、Twitterで若島氏をフォローしたのだが、やはり氏の言うことは違う

特に次のツイートには激しく共感した

というより前々から感じていたことだけに尊敬するお二人も同じ意見だと知りちょっと感激した

そのツイートとはこれ


>上田吉一さんと久しぶりに話をしていて、意見が一致したことの一つは、曲詰のどこがおもしろいのかさっぱりわからんということ。二人とも、必要に迫られて曲詰を作ったことはあるが、何もなしで曲詰を作りたいとはけっして思わない。そういえば、巨椋さんも曲詰を一局も作らなかった。


誤解がないように言っておくが、曲詰に妙手巧手を組み込む技量は素晴らしいと思うし、自分など到底及ばない域にあるということを自覚している

良い曲詰を見ると「凄い」と思うし、その作者に対する尊敬も当然ながらある

だが、自分で作りたいとは決して思わないのである


そもそも、主張する部分が曲詰というのは言ってみればテンプレであり、大量の曲詰が溢れる現在、もはや曲詰であること自体に対する感動や面白さというものは感じられない
(煙詰などもその方向に向かっていると考えられるだろう)

感動や面白さを感じるのは飽くまで「手順」に対してであり、それならば普通作の方が素晴らしいものを表現できるのは当然であろう

それ故に曲詰をわざわざ作りたいとは思わないのである


さて、曲詰を得意とされる方は何と言うだろうか…


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック