棋王戦第一局

ニコ生で生中継されてたので、途中からですが見てました

西尾先生がところどころで面白いコメントをしてくれるのでかなり飽きずに楽しめましたが、それでも1手にかなり時間をかけるタイトル戦は生で見るのは大変ですね><


一局を振り返ってみますと、序は久保先生が見事な指しまわしで、これがプロの技かと感心させられました

が、それに対して渡辺先生も流石はタイトルホルダーというもの

ギリギリの受けから反撃に転じ、一時は逆転かに思えました

この辺り久保先生の指し手がやや変調に思えたのですが…

しかしそれはしっかり読みの内だったのでしょうか

5筋の歩が切れたことを利用して53歩と決めにいき、最後は63歩と思わず唸ってしまうような好手が飛び出てまもなく終局となりました

全体的に久保先生の軽く捌く棋風が存分に発揮された好局だったように思います



ところで詰将棋のほうですが、前回の解答とあわせ、もう少し先になりそうです><

ちょっと最近忙しい;;

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック